2017年06月24日

全部裕次郎のせい

葉山出身だというと

ヨットとか持ってるの!?

と返されるときがある。
これはもう裕次郎のせいである。

以前、一色海岸であるおばあさんに会った。

「これやるよ」

と、おばあさんはボンタンアメを差し出すと身の上話をしだした。
どうやら古くから御用邸のそばに住んでおり
裕次郎やら慎太郎やらがヨットでやってきては
その辺で遊びまわっていたらしい。

先日テレビで「狂った果実」を放送していたが
映画の中にも鎌倉に住んでいる若者が逗子で降り、
葉山マリーナから森戸や一色までヨットやモーターボートを走らせるシーンが頻出した。

話のほうはなんてことはない、兄弟で女を取り合って破滅するだけのこと。
おぼっちゃまたちがクラブで飲んだくれ、水上スキーやらで遊びまわってナンパするなんて私生活をまんま小説にして映画化しただけじゃんか。
(関係ないけどこのころの映画って早口で何を言っているかわかりにくいことがある)

ま、それはともかく。

葉山出身ならいっそのことヨットの一艇でも持っていて
晴れた日に友人を集めてクルージングを決め込むような生活がよかったなあ。

海岸でバーベキューくらいなら・・・

結局あんな生活にあこがれてんのか。
posted by Naoki Saitoh at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月20日

芝居を観に行く理由

お金、時間、興味。

お財布に余裕さえあればどんな舞台だって足を運びたい。
それを理由に見逃した作品は数知れず。
興味があれば時間はなんとか作るし
実は興味がないものほど観るべきなのかもしれない。

こんなに売れてて忙しいのに、っていう人ほどいろんな舞台を見て回っている。
マチネとソワレのダブルヘッダーをしたり
地方公演を前ノリしてまで大阪でミュージカルを観たり。

ああ、バケルくんのパパの財布があれば・・・(いや、たぶんそういうことじゃないな)



寺十さん演出の舞台を観に行ってきた。
やっぱり中原さんは見ていて面白かったし(これ単純だけど大事)
作品を見ていると演出家の愛情ってのはわかるもんだ。

共演している二人だから際立って見えたのかもしれないけど、
演出家は役者のいいところを引き出そうとして、役者はそれに応えようとするもんだ。

「マリアの首」でもエリコは「直ちゃんのそういうところ出したいんだよなあ」と言ってくれていたっけ。


終演後、お客さんの波に揉まれながら寺十さんに挨拶した。
咄嗟に「マリアの首」のタイトルが出なかったみたいで、

「行った行った、これこれ」

と手で首を斬るジェスチャーをしていた。





posted by Naoki Saitoh at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月16日

流行りだすと飽きる。

悪い癖です。

ゲームやカメラが趣味なんてオタクだと言われていた時代もあったのに
なんでもできる魔法の機械を手にすると結局みんなやるんじゃん。

ブログなんて流行りでもなんでもなくなって久しいのに書かなくなったのはなんでだろう。
それはきっと自分の問題で、取るに足らないことを面白がる余裕がなかったからで、
くだらないことをくだらねえ〜と言って地べたを転がって服が汚れることを避けるようになってしまったからで。

流行り出すと飽きる性格(だと思い込んでいる)のせいにして
結局そこらじゅうに転がっているくだらないことを笑える心を失くしていたんだなあ。

いや、そんなに真剣に悩んでるわけでもなく、
とりあえずブログのタイトル変えたいだけ。
posted by Naoki Saitoh at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月01日

ありがとうございましくそったれ。

「ユビュ王」

【原作】アルフレッド・ジャリ
【上演台本・演出】小川絵梨子
【監修】串田和美

【出演】寺十 吾 中原和宏 斉藤直樹 芦田昌太郎 小野健太郎 保科由里子 近藤 隼 佐藤 卓 細川貴司 下地尚子

【スケジュール(予定)】
松本公演:2月18日(水)〜22日(日)  会場:まつもと市民芸術館
上田公演:2月28日(土)・3月1日(日) 会場:上田市交流文化芸術センター

【松本公演】
主催:一般財団法人松本市芸術文化振興財団
助成:平成26年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
後援:松本市、松本市教育委員会
企画制作:まつもと市民芸術館
お問合せ:まつもと市民芸術館 TEL 0263-33-3800/FAX 0263-33-3830

【上田公演】
主催:上田市(上田市交流文化芸術センター)、上田市教育委員会
助成: 長野県 地域発 元気づくり支援金活用事業
企画制作:まつもと市民芸術館
お問合せ:上田市交流文化芸術センター サントミューゼ TEL 0268-27-2000/FAX 0268-27-2310
posted by Naoki Saitoh at 18:03| Comment(3) | TrackBack(0) | スケジュール

2014年12月05日

あらしのあと10

プロスぺローは本当は魔法なんか使えなかったんじゃなかろうか。

稽古の最初の段階で考えに考えた末、僕はそう発言した。

今でもそう思っている。



ある明るい秋の朝、松本の駅前の餃子の王将で天津飯を食べていたとき
安奈さんの訃報が飛び込んできた。

信じられなかったけど、稽古場に行ったらみんな口々にしていたし
ネットでもニュースになっていたからどうやら本当のことらしかった。

ナポリ王アロンゾーは嵐にあって息子ファーディナンドと生き別れになる。
顧問官ゴンザーローは王子は生きていると王を励ます。
海に流されて長年恨みを晴らす計画を立てていたはずのプロスぺローは彼らが後悔する様子を受け止め
娘ミランダとファーディナンドがチェスに興じる姿を見せる。

僕らのテンペストでは2人の乗った台車をエアリエルが運んでくる。
軽快な音楽にのって。

死んでしまったと思っていた人がこんな風に目の前に現れたら

想像したら僕は舞台稽古から涙が止まらなかった。

役者としたら失格かもしれないけど。


お別れの言葉が見つからない。
多くの人がそう言った。

言葉を扱う生業なのに大切な時には言葉は頼りにならない。


罪、後悔、復讐、許し・・・
「テンペスト」を説明する言葉は無限にあると思う。

でもそんなことを説明するだけの芝居にどれだけの価値があるんだろう。

ステファノー、もしくは大森さんは終盤こう言う

「物語を終わらせるのは人間の作った知恵だからね」

世界の終わりを見たことがある人なんかいない。

生きている限り世界は終わらない。


プロスぺローは魔法なんか使えなかった。
やりたい放題やって気が済んだ。

僕は今でもそう思う。
posted by Naoki Saitoh at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月04日

あらしのあと9

結局、上演台本が完成しなかった。

「僕らはいつから台本にとらわれるようになったんだろうねえ」

串田さんの言葉通り、台本を解体し、足したり引いたりかけたり割ったり。
最初のうちは書きこんだり差し替えたりしていたけど
後半は「もう覚えたほうが早い!」ってことになって
頭の中の台本を上書き保存する毎日。

いいのか悪いのかそもそも台本に必要以上に書きこむ習慣がないので
僕にとっては苦ではなかったけど
今現在どこまで仕上がっているのか、キャスト以上にスタッフさんはヤキモキしていただろう。


役者から見て素晴らしい演出家が世間一般的にはあまり知られていないことに落胆することがある。
そもそも「演出家」といって世間の人々は何人思い浮かべることができるんだろうか。
まあ別に僕なんかが気にすることじゃないのかもしれないけど。

どれだけ豪華な食材をお取り寄せしても料理人の腕が悪ければ出来上がりは知れたもの。
手元にある食材でどんな料理ができるか最大限の工夫をするシェフのほうが面白いし信頼できる。

「誰になんと言われようと作品と役者は自分が絶対に守るから」

恥ずかしげもなくそう言ってくれる演出家を知っている。
串田さんも稽古初日、

「こんなの『テンペスト』じゃないじゃないか!って言われても大丈夫なように『K』をつけてあるからね」

と楽しそうに話していた。

そんな料理人の食材でありたい。

1411358778580.jpg

台本はできなかった。
でもそれにどれだけ意味があるだろう。
レシピがなくても美味しい料理は出来るのだ。

つづく
posted by Naoki Saitoh at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月02日

あらしのあと8

「斉藤さん、編み物できます?」

劇場入りしてから美術&衣装の大島さんから聞かれた。

母親が和裁洋裁が得意なので、
子供のころ気まぐれで教えてもらったことを思い出した。

「できると思いますよ」

串田さんとの打ち合わせで船乗りが暇な時間編み物をしていた、なんて話題が出てきたらしい。
客入れ時間から俳優は自由に会場に出入りすることになっていたので
それぞれお客さんと会話したり、本を読んだり、忘れ物を取りに楽屋に帰ったり。
で、それに交ざって編み物をすることに。

お客さんを盛り上げるトーク力に不安な僕にとってはありがたい。
演出部の目黒さんに一番簡単な編み方を教えてもらいひたすら続きを編む。
たまに絡んできた共演者に相槌を打ちながらひたすら編む。

串田さんは最初から現実的にものを考えるのがきらいなようだ。
できない、と言ってしまったらできるわけがない。
歌や楽器、ダンス、太極拳からサーカスまで
「こうだったら楽しい」という想像力に限界を決めない。
「思うだけなら自由自在」を地で行くような人。

自由劇場の先輩方はみんな楽器が堪能だ。
芝居のために形から入ったらしいが、練習していくうちに
「どうやったらそんなカッコよく演奏できるのか」
とミュージシャンから聞かれるほどになったそうだ。

自分が選べるものは自分が知っているもの。
そのキャラクターがどんな音楽を聞いているのかどれだけ考えても
自分の知っている範囲内でしか選択することができない。
知らないものは知りようがないのだ。

でも人と話したり、探し続けることでその選択肢は無限に広がる。
ムチャぶりに応えたり、どうやったらいいか考えることで出来ることが増える。
これは芝居に限らないかもしれないけど。

10660809_745769568829575_1639463956_n.jpg
ま、言っても編み物ですからね、
そんなに大げさなことじゃないか。

つづく
posted by Naoki Saitoh at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月01日

あらしのあと7

「からかえ、ひやかせ、ひやかせ、からかえ、思うだけなら自由自在」

劇中、大森ステファノーと細川トリンキュローが歌っていた。
ラップっぽく。

自由っていったいなんだーい、
どうすりゃ自由になれるー。

稽古から本番にかけて自由について考えた。
尾崎ばりに考えた。

そもそも串田さんが作った劇団が「自由劇場」だ。
大森さんも真那古さんも片岡さんもみんな自由劇場出身だ。
確かに同じ空気が漂っている。

本番を観に来てくれた同じく自由劇場出身の女優さんは

「私は当時串田さんの考えることしたいことを理解できなかったけど、
 今回の人たちは彼と一緒にいても心を開放できる人たちだと思った。
 そして『自由』は文字にするとどこかへ行ってしまうものなのかも。
 ・・・久しぶりに細胞がものを考える感覚を味わいました」

というありがたい感想を送ってくれた。

自由は自分一人ではつかめない。
一緒にいて心を開かないと体感できないものなのかもしれない。

そしてそれは持続するものではなく、
一緒に探し続けないと消えちゃうんだろうな。



そういえば、歌いだすステファノーとトリンキュローに
島の怪物キャリバンは「その歌はさっき教えてくれた歌とは違う」、と言い返す。

1412386392708 (1).jpg

くそ、シェイクスピアはどこまでわかって書いてんのかな。

つづく
posted by Naoki Saitoh at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月23日

あらしのあと6

頑張れば自転車で行ける距離に浅間温泉がある。
なんとまあ。

稽古休みの午後、ホテルのチャリでゆるい上り坂をひた走った。

世間一般的には温泉にどのくらいの時間浸かるのか知らないけど
もともと僕はカラスの行水タイプなのでそうそう長く入っていられない。

でもせっかく行ったんだから、と露天風呂から出てベンチで一息ついていると
インド系と思しき初老の男性が同じく風呂からあがって僕の横に座ってきた。

「これは雨水を沸かしているのか」

とトンデモ質問をしてきたので(もちろん英語で)

いやいや、日本は火山列島だからあっついあっついお湯が地の底深くから湧いてくるんだよ。
と答えました。(もちろんなんとか英語で)

男性はイングランドはレスターという街から奥さんと一緒に日本に来たそうで、
広島、大阪、金沢と旅行して翌日東京に行ってからイギリスに帰るということだった。
60代後半の歯医者さんで自分はもうリタイアしてクリニックは息子に任せているらしい。

日本は友人から聞いて興味を持ち訪れたそうだが、
ちょっと物価は高いけれど、どこへ行っても食べ物はおいしくみんな親切だと言っていた。
僕も東京から松本に初めて来てここでシェイクスピアの芝居の稽古をしていることを伝え、
わからないなりにイギリスの経済の話やスコットランドの独立の話なんかに耳を傾けた。

もちろん素っ裸で。

身体も冷えてきたころ、彼はもう一度屋内の風呂に、僕は露天風呂に入ってそのまま帰った。

人と会話をすることのなんと素晴らしいことか。
松本の温泉の露天風呂でイギリスの人と素っ裸で会話に興じる。

ほんの10分くらいの会話だったけど僕の心はレスターに飛んでいた。

1412233655373.jpg

翌日稽古場で話すと
「それを面白いと感じる直樹君が面白いんだよ」
と串田さんに言われた。

つづく
posted by Naoki Saitoh at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月22日

あらしのあと5

舞台の現場での再会。
これほど嬉しいものはない。

それが今回は木内さんと片岡さんだったのだから
そりゃもう、やってて良かった、なのである。

串田さんと初めて会ったとき、
なんとか共通の話題を探そうと自由劇場だった片岡さんの名前を出し、
「え、青空美人だったの?」ということで木内さんの話題になり、
「木内君にも声をかけてるんだ」という話になり
十数年ぶりに同じ時間を過ごせたわけである。
しかも3人一緒に。

時が経っても木内さんは木内さんだし、片岡さんは片岡さんだった。
はて、僕はどうだったろう。

青空に参加したときから「役者を続けたい」と思っていたし
そういう僕の言葉を木内さんもずっと覚えていた。
多くの人には思い出になってしまった過去がまたこうして交わり、
今だから話せる話や今でも忘れられない話やどうでもいい話ができるのは
続けてきた自分と支えてくれた人や環境があったからだ。

やってきてよかった。
自己満足かもしれないけれど、心からそう思う。

IMG_6680.JPGIMG_6687.JPG

つづく
posted by Naoki Saitoh at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記