2012年11月05日

青春の・・・はさすがに最近ないか。

愛の・・・とか
恋の・・・とか
人生の・・・とか
・・・の人とか

外国映画に邦題つけるのも大変なんだろうなあ。

なんか最近似たようなタイトルをみかける。

日本語ってのは豊かなんだかそうでないんだか。

アメリカ映画なんて個人の名前がそのままタイトルになってたりするのに。

日本人にわかりやすく、
ってのは限界があるような気がする。


わかりやすいものにしか手を出さない、
食べやすいものしか口にしない、
理解できるものしか見ない、


そんなことしてたら
どんどん小さくなっていく気がする。



それだとモノが売れなくて困る人がたくさんいるんだろうけど。
posted by Naoki Saitoh at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記