2012年11月22日

インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック ダンスカンパニー

ものすごく踊れる役者、あるいは芝居の上手いダンサー。

たぶんどっちでもいいんだろうな。

表現したければ、必要であれば、面白ければなんでもする。

「どや!」

っていうダンスよりこういう職人ぽいほうが面白い。

技術に裏打ちされているけれどそれをひけらかすこともなく。

本当にテクニックがある人はそれを見せようとはしない。

photo.jpg
posted by Naoki Saitoh at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記