2013年02月07日

カルメンという名の女12

椅子を使わない舞台ってのはあるんだろうか。

まあ、あるかもしれないけど、
芝居でもダンスでもコンサートでも
椅子を使わないことのほうが少ないかもしれない。
何より劇場には「客席」があるし。

テーブルも必要だけどまずは椅子。

「BENT」のグレタは椅子を引きずって登場したし、
「橋からの眺め」ではマルコは椅子を片手で持ち上げてエディを挑発した。

ピランデロの「口に花を持つ男」では死に直面した男が
自分のむなしさをを病院の椅子にたとえて話をしていた。

「カルメン」ではその椅子を
滑らせたり持ち上げたり演者が黒子になって移動させた。

本来「腰掛ける」ためにある椅子を動かすのは
人間の心のよりどころをくすぐったり不安にさせるのかもしれない。

IMG_6348.JPG

IMG_6356.JPG

IMG_6330.JPG
posted by Naoki Saitoh at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記