2013年02月10日

カルメンという名の女15

共演者と仲良くしなければならないか?

ほっといても仲良くなる人はなるし、
そうでもない人はそれなりの付き合いになる。

そもそも「仲良くする」ってなんだろう?
ご飯を食べに行ったり、遊びに行ったり、パーティしたり?

普段の付き合いと作品を作るのは別の話。
お互いによく知らなくても(あるいは気が合わなくても)
素晴らしいパフォーマンスが出せることはよくある。

これが劇団だったら大変だろうけど、
現場から現場に渡り歩く身としては
作品を良くするために突き進むのみである。

つまり、人間関係のほうが気になるというのは
作品を作るにあたって邪念がある、ということだろう。

今回、もともと知っていたのは横浜ダンスコレクション「TULIP」で一緒だった加奈ちゃんだけ。
↓↓↓

ダウンロード.jpg
(だけ、といっても神戸まで行って知り合いがいたのは奇跡的)


結局ほとんどの人とは連絡先も交換せずに東京に帰ってきた。
まあザッカーバーグのおかげでFB友達になった人もいるけど。

昔は率先して連絡先をまとめてコピーして配るタイプだったのに。

変わったもんだ。

いい舞台ほどみんなが前を向いている。
精進していれば連絡先なんか知らなくてもまた出会えるだろう。



でもみんなで集まるときは呼んでね。
posted by Naoki Saitoh at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記