2014年11月21日

あらしのあと4

稽古期間中、来年の「ユビュ王」のワークショップが重なった。

ただでさえわけのわからんテンペストと格闘しているのに
さらにわけのわからん台本に向き合わねばならんのである。

とはいえ、久々のエリコとの稽古。
いやでも張りきらざるを得ない。
いや、張りきらされてしまう。

そもそも串田さんが「帰郷」を観に来てくれたときに
エリコと会って話したのが縁で松本に呼ばれたらしいので
そう考えると全部つながっているわけなのだ。
こうして時間をかけて準備させてもらえるのはありがたいことだ。

ゲームやスポーツで身体を使って反射神経を呼び覚ましていくエリコの稽古。
串田さんのゆったりとしたテンペストの時間とは正に対照的。

時間をかけてじっくり作品に取り組み、
それを育てていくにはそれなりの環境が必要。
東京にはチャンスも多いけどゆっくり振り返る余裕がない。

完璧に仕上げてキレイにラッピングしないと許されないし
始まったら演出家は次の現場へ向かうこともしばしば。
再演があってもそれは評判がよくお客さんが入ったからで、
作品を育てたい、という趣旨ではないことが多い。

なんでもそうかもしれないけど、芝居も完成などしない、と思う。
小野寺さんの「カルメン」もしかり、現在進行形を見てもらうことしかできない。

「K.テンペスト」も終わっていないし、「ユビュ王」はもう始まっているのだ。

1412473674720.jpg

つづく
posted by Naoki Saitoh at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記