2014年11月23日

あらしのあと6

頑張れば自転車で行ける距離に浅間温泉がある。
なんとまあ。

稽古休みの午後、ホテルのチャリでゆるい上り坂をひた走った。

世間一般的には温泉にどのくらいの時間浸かるのか知らないけど
もともと僕はカラスの行水タイプなのでそうそう長く入っていられない。

でもせっかく行ったんだから、と露天風呂から出てベンチで一息ついていると
インド系と思しき初老の男性が同じく風呂からあがって僕の横に座ってきた。

「これは雨水を沸かしているのか」

とトンデモ質問をしてきたので(もちろん英語で)

いやいや、日本は火山列島だからあっついあっついお湯が地の底深くから湧いてくるんだよ。
と答えました。(もちろんなんとか英語で)

男性はイングランドはレスターという街から奥さんと一緒に日本に来たそうで、
広島、大阪、金沢と旅行して翌日東京に行ってからイギリスに帰るということだった。
60代後半の歯医者さんで自分はもうリタイアしてクリニックは息子に任せているらしい。

日本は友人から聞いて興味を持ち訪れたそうだが、
ちょっと物価は高いけれど、どこへ行っても食べ物はおいしくみんな親切だと言っていた。
僕も東京から松本に初めて来てここでシェイクスピアの芝居の稽古をしていることを伝え、
わからないなりにイギリスの経済の話やスコットランドの独立の話なんかに耳を傾けた。

もちろん素っ裸で。

身体も冷えてきたころ、彼はもう一度屋内の風呂に、僕は露天風呂に入ってそのまま帰った。

人と会話をすることのなんと素晴らしいことか。
松本の温泉の露天風呂でイギリスの人と素っ裸で会話に興じる。

ほんの10分くらいの会話だったけど僕の心はレスターに飛んでいた。

1412233655373.jpg

翌日稽古場で話すと
「それを面白いと感じる直樹君が面白いんだよ」
と串田さんに言われた。

つづく
posted by Naoki Saitoh at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記