2014年12月05日

あらしのあと10

プロスぺローは本当は魔法なんか使えなかったんじゃなかろうか。

稽古の最初の段階で考えに考えた末、僕はそう発言した。

今でもそう思っている。



ある明るい秋の朝、松本の駅前の餃子の王将で天津飯を食べていたとき
安奈さんの訃報が飛び込んできた。

信じられなかったけど、稽古場に行ったらみんな口々にしていたし
ネットでもニュースになっていたからどうやら本当のことらしかった。

ナポリ王アロンゾーは嵐にあって息子ファーディナンドと生き別れになる。
顧問官ゴンザーローは王子は生きていると王を励ます。
海に流されて長年恨みを晴らす計画を立てていたはずのプロスぺローは彼らが後悔する様子を受け止め
娘ミランダとファーディナンドがチェスに興じる姿を見せる。

僕らのテンペストでは2人の乗った台車をエアリエルが運んでくる。
軽快な音楽にのって。

死んでしまったと思っていた人がこんな風に目の前に現れたら

想像したら僕は舞台稽古から涙が止まらなかった。

役者としたら失格かもしれないけど。


お別れの言葉が見つからない。
多くの人がそう言った。

言葉を扱う生業なのに大切な時には言葉は頼りにならない。


罪、後悔、復讐、許し・・・
「テンペスト」を説明する言葉は無限にあると思う。

でもそんなことを説明するだけの芝居にどれだけの価値があるんだろう。

ステファノー、もしくは大森さんは終盤こう言う

「物語を終わらせるのは人間の作った知恵だからね」

世界の終わりを見たことがある人なんかいない。

生きている限り世界は終わらない。


プロスぺローは魔法なんか使えなかった。
やりたい放題やって気が済んだ。

僕は今でもそう思う。
posted by Naoki Saitoh at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記