2017年06月24日

全部裕次郎のせい

葉山出身だというと

ヨットとか持ってるの!?

と返されるときがある。
これはもう裕次郎のせいである。

以前、一色海岸であるおばあさんに会った。

「これやるよ」

と、おばあさんはボンタンアメを差し出すと身の上話をしだした。
どうやら古くから御用邸のそばに住んでおり
裕次郎やら慎太郎やらがヨットでやってきては
その辺で遊びまわっていたらしい。

先日テレビで「狂った果実」を放送していたが
映画の中にも鎌倉に住んでいる若者が逗子で降り、
葉山マリーナから森戸や一色までヨットやモーターボートを走らせるシーンが頻出した。

話のほうはなんてことはない、兄弟で女を取り合って破滅するだけのこと。
おぼっちゃまたちがクラブで飲んだくれ、水上スキーやらで遊びまわってナンパするなんて私生活をまんま小説にして映画化しただけじゃんか。
(関係ないけどこのころの映画って早口で何を言っているかわかりにくいことがある)

ま、それはともかく。

葉山出身ならいっそのことヨットの一艇でも持っていて
晴れた日に友人を集めてクルージングを決め込むような生活がよかったなあ。

海岸でバーベキューくらいなら・・・

結局あんな生活にあこがれてんのか。
posted by Naoki Saitoh at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月20日

芝居を観に行く理由

お金、時間、興味。

お財布に余裕さえあればどんな舞台だって足を運びたい。
それを理由に見逃した作品は数知れず。
興味があれば時間はなんとか作るし
実は興味がないものほど観るべきなのかもしれない。

こんなに売れてて忙しいのに、っていう人ほどいろんな舞台を見て回っている。
マチネとソワレのダブルヘッダーをしたり
地方公演を前ノリしてまで大阪でミュージカルを観たり。

ああ、バケルくんのパパの財布があれば・・・(いや、たぶんそういうことじゃないな)



寺十さん演出の舞台を観に行ってきた。
やっぱり中原さんは見ていて面白かったし(これ単純だけど大事)
作品を見ていると演出家の愛情ってのはわかるもんだ。

共演している二人だから際立って見えたのかもしれないけど、
演出家は役者のいいところを引き出そうとして、役者はそれに応えようとするもんだ。

「マリアの首」でもエリコは「直ちゃんのそういうところ出したいんだよなあ」と言ってくれていたっけ。


終演後、お客さんの波に揉まれながら寺十さんに挨拶した。
咄嗟に「マリアの首」のタイトルが出なかったみたいで、

「行った行った、これこれ」

と手で首を斬るジェスチャーをしていた。





posted by Naoki Saitoh at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月16日

流行りだすと飽きる。

悪い癖です。

ゲームやカメラが趣味なんてオタクだと言われていた時代もあったのに
なんでもできる魔法の機械を手にすると結局みんなやるんじゃん。

ブログなんて流行りでもなんでもなくなって久しいのに書かなくなったのはなんでだろう。
それはきっと自分の問題で、取るに足らないことを面白がる余裕がなかったからで、
くだらないことをくだらねえ〜と言って地べたを転がって服が汚れることを避けるようになってしまったからで。

流行り出すと飽きる性格(だと思い込んでいる)のせいにして
結局そこらじゅうに転がっているくだらないことを笑える心を失くしていたんだなあ。

いや、そんなに真剣に悩んでるわけでもなく、
とりあえずブログのタイトル変えたいだけ。
posted by Naoki Saitoh at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記