2017年06月20日

芝居を観に行く理由

お金、時間、興味。

お財布に余裕さえあればどんな舞台だって足を運びたい。
それを理由に見逃した作品は数知れず。
興味があれば時間はなんとか作るし
実は興味がないものほど観るべきなのかもしれない。

こんなに売れてて忙しいのに、っていう人ほどいろんな舞台を見て回っている。
マチネとソワレのダブルヘッダーをしたり
地方公演を前ノリしてまで大阪でミュージカルを観たり。

ああ、バケルくんのパパの財布があれば・・・(いや、たぶんそういうことじゃないな)



寺十さん演出の舞台を観に行ってきた。
やっぱり中原さんは見ていて面白かったし(これ単純だけど大事)
作品を見ていると演出家の愛情ってのはわかるもんだ。

共演している二人だから際立って見えたのかもしれないけど、
演出家は役者のいいところを引き出そうとして、役者はそれに応えようとするもんだ。

「マリアの首」でもエリコは「直ちゃんのそういうところ出したいんだよなあ」と言ってくれていたっけ。


終演後、お客さんの波に揉まれながら寺十さんに挨拶した。
咄嗟に「マリアの首」のタイトルが出なかったみたいで、

「行った行った、これこれ」

と手で首を斬るジェスチャーをしていた。





posted by Naoki Saitoh at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記