2012年11月16日

ワークショップ覚書6

本番が差し迫っていなくても
こうして集まってワークショップができることはありがたい。

特に日本では稽古期間も本番も短く、
一度やったらはい次、ということが多い。

モノでもなんでも簡単に手に入って
すぐに答えが出て、わかりやすくて、身入りが多いことをよしとする。

だからこそこういう時間は貴重なのだ。


テキストリーディング。

数日間身体を動かしてきたので
言葉もすんなり出てきて、
すんなり入ってくるような気がした。

準備、すなわち日々の心がけっていうのは大切なのだなあ。
posted by Naoki Saitoh at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60130031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック