2014年09月12日

テンプ、テンパー、テンペスト

初松本。

「6週間のダンスレッスン」の松本公演は非番だったので
劇場はもちろん、松本に来るのも初めて。

「松本いいよぅ〜」とみんな口をそろえて言ってくるので
ほんまかいな〜、と思いながら新宿から特急あずさに揺られること2時間半。

大通りを歩いて行くと不意に現れるまつもと市民芸術館。

1410497426268.jpg

1410495506672.jpg

そしてこれからお世話になるオープンスタジオ。

1410499962324.jpg

1410499909600.jpg

なに、この解放感。

松本いいよぅ〜、松本い〜よ〜

松本伊予〜!
posted by Naoki Saitoh at 22:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月21日

ありがとうございました!

〜6週間のダンスレッスン〜

2014年5月29日〜6月 5日 博品館劇場(プレビュー)
   6月 6日〜7月 6日 全国公演
   7月 8日〜7月21日 博品館劇場 

出演:草笛光子、斉藤直樹・星智也(ダブルキャスト)

原作:リチャード・アルフィエーリ
翻訳:常田景子
演出:西川信廣

posted by Naoki Saitoh at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | スケジュール

2013年12月08日

マクベスの呪いは解けました。

マクベス

作:W・シェイクスピア
翻訳:松岡和子
演出:長塚圭史

2013年12月@シアターコクーン
posted by Naoki Saitoh at 10:13| Comment(2) | TrackBack(0) | スケジュール

2013年10月07日

グレードよ

CMのおねえさんにつられて消臭パフパフを購入した。

3カ月ほどは調子よくシュパシュパとよい香りを部屋にふりまいてくれていた。

帰宅するとシュパッ。
横切るとシュパッ。
一定の時間が経つとシュパッ。

なかなか気がきくやつだ。

そう思っていたらこの数日何だか様子がおかしい。
一度シュパすると10回は止まらないのだ。

それはもうさかりのついた犬のように
シュパ、ギーコ、シュパ、ギーコ、シュパ、ギーコ。
消臭も行きすぎるとテロだ。
もう部屋中消臭パフパフ臭い!

軽い気持ちでジョンソンにメールを送ってみた。

「消臭パフパフが止まらなくなることがあるんですがどうしたらいいですか?」

子供電話相談室ばりの問い合わせにすぐに返答があった。
「消臭パフパフ」ではなく「消臭センサー&スプレー」ではないですか?
とやんわりこちらの間違いを指摘してから(ごめんなさいCMのおねえさん!)
代替品を送るのでお好みの香りをお知らせくださいとのこと。

やるじゃないか、ジョンソン!

2日ほどしてブツが送られてきた。
うーん、アイラブユーロマンティックフローラル。
なんてネーミングのアロマだ、惚れちまうぜ。

やるじゃないか、ジョンソン!

新品と一緒に予備の乾電池が入っていたので取り替えるともとの状態に戻った。

かくしてうちには消臭センサー&スプレーがもうひとつ仲間入りし、
毎月入替え用のアロマを2つ買わなければいけなくなったのである。

やられたぜ、ジョンソン!

th.jpg

グレードよ!
posted by Naoki Saitoh at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月30日

ありがとうございました!!!!

RunsFirstプロデュース公演Vol.1

「帰郷/ホームカミング」
 作:ハロルド・ピンター 翻訳・演出:小川絵梨子
 
 2013年6月15日〜30日@シアター風姿花伝(目白)
posted by Naoki Saitoh at 22:34| Comment(1) | TrackBack(0) | スケジュール

2013年06月02日

ありがとうございました!!!

●シアターコクーン・オンレパートリー2013+阿佐ヶ谷スパイダース

 「あかいくらやみ〜天狗党幻譚」
 作・演出:長塚圭史

 2013年5月5日〜26日@シアターコクーン(渋谷)
 ※大阪公演予定あり
posted by Naoki Saitoh at 11:42| Comment(3) | TrackBack(0) | スケジュール

2013年03月24日

ありがとうございました!!

●名取事務所公演 現代英米演劇連続上演シリーズ第1作

 「ピローマン」
 作:マーティン・マクドナー 演出:小川絵梨子

 2013年3月20日〜24日@「劇」小劇場(下北沢)
posted by Naoki Saitoh at 02:05| Comment(1) | TrackBack(0) | スケジュール

2013年02月24日

ありがとうございました!

韓国戯曲ドラマリーディングY
 
 「朝鮮刑事ホン・ユンシク」

 fly_t_130220_kankokudr6_m_pm_img_1.jpg

 作 :ソン・ギウン
 演出:広田淳一

 出演:伊東沙保
    稲垣干城 
    今村沙緒里
    小野智敬  
    笠井里美 
    祁答院雄貴(アクトレインクラブ)
    斉藤直樹
    竹口龍茶(はえぎわ)
    中村万里
    西村俊彦(マック・ミック)
    本家徳久

 2013年2月20日〜24日@シアタートラム(三軒茶屋)

 ※「朝鮮刑事ホン・ユンシク」は23日19時、24日14時のみ。
posted by Naoki Saitoh at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月11日

カルメンという名の女16

体中の傷や痣が治るにつれて

「ああ、あの日々は終わったんだなあ」

と思い返す。

夢のようだった1ヶ月半。
あの時間は本当にあったんだろうか、とさえ思う。

Tちゃんに教えてもらわなければ出ることもなかった「カルメン」。

そもそもTちゃんと共演したのは「血の婚礼」や「バーム・イン・ギリヤド」で、
僕がtptに行っていなければ出会っていなかったわけで、
tptは青空美人の木内さんが紹介してくれたわけで、
青空で芝居を始めたのは僕がスタジオで踊り狂ってたときに・・・

信心深くもないし、日頃感謝の足りない自分ではあるが
こう考えるとすべてがつながっているんだと改めて思う。

「あの時間は無駄だった」
「あんなことしなければよかった」
「あんなつらい記憶はなくしてしまいたい」

人生いつもすべてが効率的にいくわけではないだろう。
つらい経験や忌々しい記憶も今の自分とつながっていると考えたら
「無駄」なものなどひとつもないのかもしれない。

本番に使われなかった振りやセリフ、シーンは山ほどある。
逆に本番で出したものがベストだったか、というと正直わからない。
またすぐにでも稽古したいくらいだ。


あれは夢だったのかもしれない。
だからまたやりたくなるのかもしれない。

人生とおんなじで。



IMG_6299.JPG
posted by Naoki Saitoh at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月10日

カルメンという名の女15

共演者と仲良くしなければならないか?

ほっといても仲良くなる人はなるし、
そうでもない人はそれなりの付き合いになる。

そもそも「仲良くする」ってなんだろう?
ご飯を食べに行ったり、遊びに行ったり、パーティしたり?

普段の付き合いと作品を作るのは別の話。
お互いによく知らなくても(あるいは気が合わなくても)
素晴らしいパフォーマンスが出せることはよくある。

これが劇団だったら大変だろうけど、
現場から現場に渡り歩く身としては
作品を良くするために突き進むのみである。

つまり、人間関係のほうが気になるというのは
作品を作るにあたって邪念がある、ということだろう。

今回、もともと知っていたのは横浜ダンスコレクション「TULIP」で一緒だった加奈ちゃんだけ。
↓↓↓

ダウンロード.jpg
(だけ、といっても神戸まで行って知り合いがいたのは奇跡的)


結局ほとんどの人とは連絡先も交換せずに東京に帰ってきた。
まあザッカーバーグのおかげでFB友達になった人もいるけど。

昔は率先して連絡先をまとめてコピーして配るタイプだったのに。

変わったもんだ。

いい舞台ほどみんなが前を向いている。
精進していれば連絡先なんか知らなくてもまた出会えるだろう。



でもみんなで集まるときは呼んでね。
posted by Naoki Saitoh at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記