2013年02月06日

カルメンという名の女11

A面、B面。

稽古のときは壁の両側をそう呼んでいた。

海側、山側と呼び方が変わったことに気づいたのは本番直前だったような気がする。
まあA面B面じゃ味気ないし、お客さんにとってもわかりやすい。

海側、山側。

なんとも神戸らしいネーミングではないか。

個人的には「私」として海側でひとしきりホセとの出会いまでの芝居をしてから、山側に行ってカルメンの化身になり、海側に戻ってこちらのカルメンのケンカを見守ってから兵隊になってカルメンに逃げられ、山側に探しに行ってすぐ海側に戻りホセを捕らえてからまた山側で上官を持ち上げて、海側に戻ってホセを責め立ていったんハケて山側に回って兵隊になり、ダンスパーティをしてからハケ、ロビーでばか騒ぎをしてから山側から海側を突っ切ってハケ、改めて中尉になってカルメンと出会い、山側でホセに殺されて海側に戻り、「私」としてホセとからんでから突然、山賊のダンカイーレに変身して結局ホセに殺されて、山側に転がり込んで写真を撮ってからハケ、もう一度山側でひとしきり踊ってから死んでガルシアとホセの決闘に加わり、知らん顔してハケてからロビーではいりさんに牛のかぶりモノを渡してから2階のギャラリーに上がって闘牛士リュカスに声援を送り、最後は海側で「私」としてホセとカルメンの最期を見守って壁を動かして去って行った。

うーん、改めて整理するとすごいことをやっていたのだなあ。
まったく伝わらないと思うけど。

どうでもいいけどダメ出しのときは最後までA面B面で通していた。

ダウンロード.jpg ダウンロード (1).jpg
 

IMG_6361.JPG

それにしてもA面B面ってレコードとかカセット世代の発想か。
posted by Naoki Saitoh at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月05日

カルメンという名の女10

何かが生まれる瞬間に立ち会うのは貴重なことだ。

過去にあった面白い話を人に説明してもあまり面白くならないのに似て(?)
振りでも芝居でもそのときそこに居合わせないと
なかなかその空気は伝わらない。

「ただの運動になってしまうとつまらない」

小野寺さんはよくそう言っていた。

覚えたセリフをツラツラ言うだけでは何も伝わらないし、
カウント通りの振付になってしまってもつまらない。

そこに必要な「自分を突き動かす何か」がなければ
形だけで中身がないものになってしまう。

決まったセリフや動きを何度もやるのが役者だが
そのためには毎回新鮮に取り組むほんの小さな最初の「動機」が必要なのだと思う。
最初のドミノをツンと指で押してやるみたいに。

本番前日だろうが、直前だろうが
小野寺さんは細かい変更点を伝えてきた。

時間があれば永遠にやっていられたと思う。

そこには完成を目指しているのと同時に
完成してしまうのを惜しんでいるような空気さえあった。

でもそのおかげで考え続けることができたのだ。

no-title IMG_6295.JPG no-title

no-title  no-title

単なる「運動」にならないように。
posted by Naoki Saitoh at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月04日

カルメンという名の女9

恋愛禁止。
んなアホな。

それは「食べるな」とか「寝るな」というのと同じだ。
究極の欲求を果たして死んでいったカルメンが聞いたら
鼻で笑うに違いない。

でも「カルメン」の稽古中は
食べなくても平気な体が欲しいと思ったこともあった。

もちろんお腹は空く。
でも食べるのが面倒くさくなるくらい体力を使い果たす毎日だったのだ。

なるべく自炊しようと思ってはいたが、
もう作るのも買って帰るのも面倒になってくる。

「ご飯行く?」と誘われるのを心のどこかで期待している自分がいた。

不思議なことにみんなと食べると急に食欲が湧くのだった。
後半は誰からともなく毎日のように王将に向かうようになった。

「何を食べるか」より「誰と食べるか」なのだ。

ダウンロード (1).jpg
ダウンロード (2).jpg
ダウンロード.jpg

神戸には気になるお店が多かったが結局全部は行かれなかった。
posted by Naoki Saitoh at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月03日

カルメンという名の女8

正直、原作を読んでいなかった。

完全に油断していたので
「原作読まれた方もいると思いますが」
という小野寺さんの言葉にはドキッとした。

年末の最後の稽古では無理やり通してみたので
なんとなく「ほう、こういう話なのか」と全体像はつかめたが、
やはり一度読んでおいたほうがいいだろうと
年末年始の稽古休みに読んでみた。

さらに生駒さんに映画の「カルメン」のDVDを借りて
(ちょっとエッチやで←生駒さん談)
頭の中に点在していたイメージが一気につながった。

tptでロルカの「血の婚礼」をやったとき、
あのラテンの気質を頭で理解するのは不可能だと感じたことを思いだした。
言葉にならない「血」が踊りや歌や詩になっているんではないかと。

演者にとって、原作を読み込むことがいいことなのかどうか、
いつどのタイミングで読むのがいいのか、
映像作品を観たほうがいいのかどうか、
そういうこともあるけれど、
今回はそんな理屈を飛び越えて頭にスーッと入ってきた。

数字の順を追って点をつないでいくと絵が浮かび上がる
あのお絵かきみたいに。

まさにひとりひとりがあらゆるシーンで「点」となり、
お客さんはそれを自由につなぐ楽しさがあったのではないだろうかと思う。

ダウンロード.jpg
posted by Naoki Saitoh at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月02日

カルメンという名の女7

これだけ長い間、東京を離れて舞台のために稽古したのは久しぶりだった。
(アロンの香港コンサートとかベティのマヨネーズとはまた違うけど)

キャストの半数は関東からの参加で半数は大阪や京都から通ってきていた。
中には片道2時間なんて人も。

ただでさえ終わったら脱力の毎日。
たとえばこれが東京での公演で、自宅からの通いだったとしたら
往復4時間の通勤(?)に耐えられただろうか。

彼らに比べたら時間的には余裕があったのは確かだ。
ただ、あったらあったで使ってしまうのが時間。

ある意味、小野寺さんもそうだった。

時間を忘れて稽古にのめり込む姿勢は
スムースクリミナルのマイケルも真っ青だった。

どうしたら面白くなるか、さらにいいものができるか、
休憩時間でさえも頭をフル回転させているように見えた。

まさに職人のようだった。

ここをもう1ミリ削ろうとか、装飾を彫ろうとか、材質はこれにしようとか
あるいはやはり最初から作りなおそう、とか。

「僕は演出家だ、言ったことを体現してくれるのが役者でしょ」

そんな言葉をボールペンと一緒に言い放った人に出会ったこともある。

まあ演出哲学はそれぞれかもしれないけど
休憩を終えて階段を駆け上がってくる小野寺さんを見ると
この人の信じているものを一緒に追ってみよう、

2012-1221-211230641.JPG

そう思える刺激的な日々だった。
posted by Naoki Saitoh at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

カルメンという名の女6

どこの現場に行っても分類される。
年齢、性別、特技、経歴、有名無名、
先入観や偏見、思い込みが意識的無意識的に人をカテゴライズする。

この人は役者だから、ダンサーだから、パントマイマーだから、新人だから、売れてるから・・・

でも、自分で得意と思っているものがそうでもなく、
意識していない意外な可能性を秘めていることもある。

自分で「できない」と思い込んで本当に「できなくなってしまう」ことは多い。

小野寺さんは誰がなんのスペシャリストだろうとあらゆる可能性を探った。

普段セリフを発することのない「ダンサー」も喋らせたし、
ダンスはちょっと・・・という「役者」にも踊らせた。

自分は役者だ、ダンサーだ。
そんなこだわりは大したものではないように感じた。

ワークショップのときから感じていた、
自分の「底」に沈殿したものをかき混ぜられた感覚はこれだったのだ。

「あらゆる道を通ったほうが、たとえ最終的にその人の得意なことに特化されていくことになっても、ダンスならダンス、芝居なら芝居に必ずプラスになる」

小野寺さんはそう言っていた

ダウンロード (2).jpg

ような気がする。
飲みの席だったので正確には覚えていないけど。
posted by Naoki Saitoh at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月01日

カルメンという名の女5

ステージ中央に壁がある。

最初に聞いたときにはどんなものなのか想像できなかった。

「だからね、劇場の真ん中がステージで真ん中に壁があるわけ、で、演者は両側を行ったり来たりしてね、そうそう、2つのカルメンが同時に進行するわけよ・・・うんうん、だからお客さんは片側しか見られないんだけど、壁の穴からチラッと見えたり向こう側の声が聞こえてきたりするわけ、まあできたら2回観てほしいなあ。っていうか片側観たら反対側も気になるよ」

と人には説明していたけれど、
それを自分で把握するまでは長い時間がかかった。

初めは台本もなく、ピースやシーン、振りを生み出す毎日。
こちら側のシーンの秒数を測って反対側のピースをその長さに合わせる、
足したり引いたりつないだり、
役が変わったり代わったり替わったり、
読んだり書いたり数えたり、飛んだり跳ねたり歌ったり(←葉山小校歌)

・・・

気がつくと少しずづ形が見えてくる小野寺マジック。
年内はそんなに詰めて稽古しないといっていたけど気づけばガチだった小野寺トリック。

客として観たい!
自分で演じていてそう思えるのはいいことだと思う。

IMG_6285.JPG IMG_6296.JPG

IMG_6346.JPG IMG_6294.JPG

まあ観たら観たでくやしくなって
「やりたい!」って思うのはわかってるんだけど。
posted by Naoki Saitoh at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月31日

カルメンという名の女4

これ以上の筋肉痛はありえないだろう、
朝目覚めるたびにそう感じる毎日だった。

起きて飯食って稽古して帰って飯食って風呂入って寝る

の繰り返し。

なんと幸せな。
辛いなんてこれっぽっちも感じなかった。
もちろん、好きなことをやりにきてるのだから当たり前だけど。

膝や肘やありえないところが擦りむけたり
痣になっていたりパックリ割れていたり。

でも不思議なことに知らない間に身体が慣れてきて、
痛いところをうまく避けて動けるようになるのだ。

朝はおじいちゃんのようでも
稽古場に来るとバリバリ動いてしまうのだ。

いかに身体が眠っていたか、ということだ。
まだまだいける、ということだ。

今思えば、1か月半、誰も大きな怪我をしなかった。
(僕は数日お腹を壊したけど・・・)
みんなの集中力はもちろん、
厳しいだけではない、小野寺さんの気遣いがあったからだろう。

年齢はいいわけ。
健康な肉体がある限り動けるのだ。

ダウンロード (1).jpg

稽古休みに明石海峡を望む淡路島の温泉に浸かりながら
痛みを感じる肉体があることに感謝した。
posted by Naoki Saitoh at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月30日

カルメンという名の女3

劇場で稽古ができるというのは最大の幸せである。

稽古3日目にしてリハ室から劇場に移動。
本番までのほとんどをホールで過ごすことができた。
(こんなのはベニサンでやった「エンジェルス・イン・アメリカ」以来ではなかろうか)

その代わり無駄な休憩は許されない。
ホールの端っこで体育座りをしてボケーっとしている人が存在しないよう
小野寺さんはとにかく人を動かす。

「この6人はホセの中尉殺しのピースを作ってください」

たとえばそんなことを言い残して風のように去って行っては
忘れたころに帰ってきてチェック、
そこを伸ばしてここはカットしてと
あっという間にシーンを組み立てていく。

思考錯誤して生まれたシーンや振りを小野寺さんは決して否定しない。
腕を組んで「悪くない!」と声をあげる。

最初この言葉に僕はいい気分になっていたが
後々、これは比較級でも最上級でもなく
単なる合いの手であることが分かった。

ボディビルの「キレてる!」とか「ナイスバルク!」みたいな。

ダウンロード.jpg

だって本当にいいときは
思わず「素晴らしい!」って拍手してたもの。
posted by Naoki Saitoh at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月29日

カルメンという名の女2

12月中旬、僕は神戸、新開地にいた。

「サイトウナオキです、よろしくお願いします」

それだけだった。
すぐに稽古が始まった。

ワークショップのメンバーで希望者は全員出演することになったとはいえ
共演者のことはほとんどわからない。

今思えばそれが当り前なのかもしれない。
誰がいくつでどこで何をやってきてどういう経緯でここへきて・・・
なんて情報はなんの役にもたたない。

もしかしたら名前すらなんの意味もないかもしれない。
僕が「サイトウナオキ」であることすら危ういのだ。

皆、小野寺さんの作品に興味があり、公演に出たいと思っていること。
それだけがこの16人をここに引き寄せた。

大事なのは「今、ここにある肉体」
それがどう動き、作用し、変化していくかだ。

考える前に飛び込んでみる、
そんな日々が始まった。

答えを求めてはいけない

ダウンロード.jpg

そんなもの、最初から用意されてはいないのだ。
posted by Naoki Saitoh at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記